通学路 標示板の取り付けについて

 通学路(黄色)の標示板

 学校より依頼を受けて、PTAが取り付けや管理をされているところも多いかと思います。
ただし取り付け方によっては、留め具が飛び出ていたり、標示板が風などで外れやすくなっていたりするため、安全に取り付けていただければと思います。
 余り高い位置に取り付けるのはドライバーの目線から外れてしまいますが、低学年児童の身長も考慮の上、取り付けていただければと思います。

実際に取り付けている状況を確認しました。以下参考になさってください。

・結束バンド 写真①
・針金 写真② ③
以上は安全に取り付けられているように思います。

写真①

写真②

写真③

 

・針金で留めた場合、この例の場合、飛び出ているのは車道側ですが、自転車が車道の歩道寄りを走りますので、やはり飛び出ているのは危険かと思います。写真④

写真④

※取り付け方のマニュアルはありませんので、市P協にお問い合わせいただいても回答できません。
※黄色の通学路の標示板は、学校の所有物であり、また設置管理は学校の責任の元で行われるものなので、取り付けた標示板による事故については、すかサポ補償の対象にはなりません。
※緑色のスクールゾーン(文)の標示版は、取り付け・取り外し・交換などは、市から委託された業者が行うとのことです。(参考:通学路とスクールゾーンの標示物について

投稿日:2022年4月29日 更新日:

Copyright© 横須賀市PTA協議会 , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.