神奈川県PTA/日本PTA

第54回 日本PTA 関東ブロック研究大会 山梨大会 レポート2

投稿日:

研究発表1

座間市の活動研修会
つながりを深め より良いPTAに

神奈川県座間市PTA連絡協議会 令和3年度会長 阿部 寛 氏

 市内の各単Pが一堂に会して、単Pでの問題点や課題を共有し、問題解決や活動方法のヒントを得る座間市PTA連絡協議会の「活動研修会」。
 しかしそれはなかなか大変な試みでもあるようです。輪番による提案校の負担であったり、事前アンケートを取るなどの準備など、確かに大変なご苦労もあるようです。でも、だからこそ得られるさまざまな学びと体験がとても大きいそうです。
それが「たのしさ、つながり、共有」だそうです。

 そもそも「市P連」は単Pの上部団体ではなく、単Pが集い、情報共有やPTAの質の向上を目指すものだと思います。まさに座間市の取り組みはそんな「市P連」の本質を目指すものだと言えるのではないでしょうか。
 そこの本質を目指す中で不可欠なもの。それは人と人の繋がりであり、互いに考え、話し合い、行動し、つながること。コロナ禍で失われた2年間、それを取り戻していくのはPTA同士の人のつながりと言えると実感しました。

-神奈川県PTA/日本PTA

Copyright© 横須賀市PTA協議会 , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.