カラオケアプリに注意

これから冬休みに入りますが、コロナ禍の影響もあり、子ども達がスマホやゲーム機に向かう時間が多くなり、保護者の皆様も心配かと思います。冬休みに入る前に、親子でスマホやゲーム機使用のルールを話し合いましょう。
最近では「カラオケアプリ」で、小・中学生の炎上・情報流出・詐欺・性犯罪が発生しています。
 「カラオケアプリ」というと、害がなさそうな感じがしますが、現在のゲームやアプリは多機能化して、SNSと同じ使い方が出来るものが大多数です。アプリやゲーム内で、友達だけではなく知らない大人とも通話やチャットができる機能も備わっています。「カラオケアプリ」だから安心と思わずに、本来の目的以外の事に使っていないか、子どもに聞いてみましょう。
また、本名や顔写真での登録や投稿は危険です。本名や顔写真を出さなければ犯罪にあう確率が減ります。子どもにはなぜダメなのか理由を説明し、リスクをしっかり理解させながら伝えましょう。
インターネットの世界は、被害者となる危険はもとより、加害者になってしまう危険もあります。子どもたちが犯罪に巻き込まれたりかかわったりしないよう、子ども達がどのような使い方をしているのか、あらためて親子で話し合ってみてはいかがでしょうか。

投稿日:

Copyright© 横須賀市PTA協議会 , 2021 AllRights Reserved Powered by micata2.