やりがちだけどやってはいけないこと

■加入、非加入で差がないと不公平?■

いえ、PTAは全ての子どもたちに公平な活動をしなくてはいけません。よくやってしまいがちな加入、非加入でつける差を下記にまとめましたが、これらは全てNGです。

•卒業式のPTAからの記念品の配布は会員の児童のみ。非加入の場合は購入も可。
•運動会の後にPTAから配布する景品は会員の児童のみ。
•PTAのお祭りで食べ物やゲームが無料になるチケットは会員の児童のみ。非加入の場合は現金。
•PTAの広報紙の配布は会員の児童のみ。
•PTA主催のレクリエーションやイベントは会員の児童のみ。

上記は全てNGです。PTAは有料会員サービスではありません。すべての子どもたちに平等な活動をしましょう。

 

役員や委員をくじ引き、じゃんけん、強制などで役を決める。

・PTA活動は任意なので、やらないという選択肢が守られています。
・PTAに加入しない場合、役を引き受けない場合に、その理由を書かせるたり報告させてたりするのもいけません。DVやストーカー、自分や家族の病気、その他家庭の事情など人に言えない理由の方もいると思われます。そうでなくても、プライバシーに配慮する、強制はしない、本人の意思を尊重するなどが重要です。今後のPTA活動を見直すためにも差し支えなければ、入会できない・役ができない理由をお聞かせください、程度にするのが良いと思います。

 

規約に『必ずPTA会員となる』みたいな文言を入れる。

・PTAは任意加入団体です。やらないという選択肢が守られています。

 

PTAから学校への金品、物品の寄付はNG。

・学校に必要なお金(備品などの購入)は公費で賄う必要がある、と法律で決まっています(地方財政法)
・PTAが学校の備品を購入することは違法です。
・PTA備品という扱いにすればOKの場合もあります。

投稿日:

Copyright© 横須賀市PTA協議会 , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.