こども110番の家活動

横須賀市PTA協議会では、不審者などから身を守るために子ども達が安心して避難できる場所と、犯罪を未然に防ぐ目的で、「こども110番の家」活動を推進しています。

ご協力いただける民家・商店・事業所は、お近くの小学校(通学区域の小学校)へお問い合わせください。
参考:横須賀市立小学校通学区域(横須賀市のホームページに飛びます(外部))

『こども110番の家』とは、

 子ども達の登下校や、公園・広場などで子どもが(または弱者が)知らない人から声かけ・暴漢・痴漢・つきまとい行為などの被害を受け、または、受けそうになった時に安心して避難することができ、保護していただくことのできる商店、民家、事業所を言います。

『協力して頂ける方へ』

 事件を未然に防ぐことが目的であり、常に在宅しなければならないという義務はありません。

『具体的にご協力していただくこと』

1. プレートを玄関や門など、道路からはっきり見えるような場所に掲示してください。
2. 子どもが避難してきた時は、事情を聞いて警察、学校や保護者に連絡してください。
3、.避難してきた子どもについては、保護者または教職員が引き取りにいくまで保護してください。

こども110番の家プレート


A4サイズ。プラスチック素材(PET)
四隅に紐や針金が通せる穴が開いています。
※平成31年4月現在、旧デザインのプレートと、新デザインのプレートが混在していますのでご了承ください。上記は新デザインのものです。

※マニュアル(サンプル)、プレート申請用紙は、「ダウンロード」からダウンロードできます。ダウンロードは単位PTAのみです

投稿日:2019年1月17日 更新日:

Copyright© 横須賀市PTA協議会 , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.